NPO法人 ビラーンの医療と自立を支える会(HANDS)

ホーム お知らせ HANDSについて ミンダナオと先住民族 活動報告 ティナラク織について スタディツアー リンク集 トップページ写真館  
 HANDSについて  
成り立ちは?  団体概要は?  事業と活動は?
ビラーンの医療と自立を支える会(HANDS)の成り立ち                 

1996年7月、フィリピン・ミンダナオ島南部先住民族の一つである
ビラーン民族の村サムラングに、小さな医療センターを建設し、
その運営を資金面で支えることから活動をはじめました。
2000年10月、神奈川県の認証を受けて法人化しました。

有用材を伐り尽くして伐採業者が去り、森が消えた山岳部において、
焼き畑によるコーン栽培などで糊口をしのぐ
ビラーン、ティボリ、マノボ等の先住民族。
今、一面パイナップル・プランテーションになっている
マトトン山の広大な裾野も、かつてはビラーン民族の先祖伝来の土地でした。

山腹斜面を耕し、コーンや根菜類栽培を生業とする30余りの
コミュニティー住民約1万人が、私たちの活動の対象です。
民族の言葉、歌舞、伝統工芸などの豊かな文化を受け継いで、
経済的、社会的に自立したコミュニティーづくりを目指す人々を、
医療、教育、持続可能なアグロフォレストリーの推進、伝統的ハンディクラフト販路拡大など、
5分野の支援事業により、
また、現地のパートナー団体CMIP、PFP、PIHS、COWHED、SCMSIとの協力により、
支えています。



団体概要

 団体名      特定非営利活動法人ビラーンの医療と自立を支える会
           (英文名称) Health Assistance and
                Neighborhood Development Support
 略称 HANDS

 本部事務局所在地
            〒227−0033 神奈川県横浜市青葉区鴨志田町516−11
            電話/FAX:045-500-9151

            E-MAIL:hands-mindanao@nifty.com
            月〜金:10:00〜17:00 

 会員数      社員会員 46名   賛助会員 260名(2013年8月末)

 役員数      理事 7名(理事長 山ア登美子)   監事 1名

 年度収支     経常収益 9,383千円 経常支出 8,967千円(2012年度)
 
 活動案内     2010年度活動案内はこちら(PDF 2,500KB)

HANDSの5分野の海外支援事業と国内での広報啓発活動

1)保健、医療支援事業

◆ 医療支援:無医村の巡回診療、常備薬配備、入院支援

地元の医師の協力による巡回診療

◆ 代替医療の推進:鍼灸技術、薬草活用の研修

風邪によく効くラグンデ茶の製法指導するCMIPヘルス担当ジョジョさん

◆ 衛生環境改善:簡易水道、トイレの普及

 

◆ 貧困家庭の医療保険(Phil Health)加入推進:手続き支援:



2)農村開発事業

◆ 多目的住民組合育成:組織化と、持続可能な森林農業で、
貧困脱出をはかる住民たちを、共同店舗サリサリストアー
始業資金、苗木配布、農業技術研修等により支える。


元奨学生ボニファシオ(農業専攻)による地元ボルール村での農業技術セミナー

3)初等教育の普及と人材育成事業

◆初等教育普及:奨学金や給食支援

山道を1、2時間かけて登校する子どもには、何より嬉しい給食の時間

◆人材育成:教師、医師、農業指導者など、将来のコミュニティーを担う
こどもを育てるハイスクール・カレッジ゙奨学金、学生寮整備

教師国家試験に合格して、今は、村の公立小で後輩のビラーンの子どもを教える卒業生
     (カレッジ奨学生寮ノビシエートの庭で)


4)環境保全事業

◆ 傾斜地農法によるアグロフォレストリーの推進:
水源涵養林となる在来種、
果物、ゴムノキなど数年で収入源となる永年性作物を取り入れた
アグロフォレストリーの実施


6年後から樹液採取が始まる300本のゴムノキに子どもの未来を託すマノボ民族の父子

5)女性自立支援事業

◆技術継承支援事業:高齢化が進むナバルタビ織の後継者育成研修、施設の支援


高齢の熟練織手に代わり研修講師を務めるナバルタビ中堅の織手ソーニャさん


◆販路拡大支援: ティボリ民族女性組合COWHEDのフィリピン国内市場開拓のための
マニラ、ダバオでの出店支援当団体の日本国内イベント参加による販路拡大


6)広報・啓発活動(国内事業)

◆定期現地報告会(会報発行月4,7,10,1月の最終土曜日に開催)
<報告会テーマから>
プランテーション化を防げるか 
−持続可能な高原野菜とゴム苗木育成事業・報告−
(2013年4月活動報告会)

◆イベント参加による広報及びミンダナオ先住民族ハンディクラフト販路拡大活動

グローバルフェスタ2012で
戻る