ビラーンの医療と自立を支える会(HANDS)

ホーム お知らせ HANDSについて ミンダナオと先住民族 活動報告 ティナラク織について スタディツアー リンク集 トップページ写真館  

緊急支援要請


ミンダナオ島マラウィ市の戦闘による避難民に支援を!!


  東日本大震災支援について



 

■■■  ミンダナオ島マラウィ市の戦闘による

        避難民支援にご協力ください!   ■■■


  各種報道でご存知のように、ミンダナオ島西部マラウィ市では、イスラム
 過激派に属するアブサヤフとマウテという2つの武装グループがISへの忠誠を
 誓い、マラウイをISの拠点とするため、市民を盾にして、政府軍との戦闘を
 続けています。
  一方で、ドゥテルテ大統領は5月23日に、ミンダナオ全土に2か月間の戒厳令を
 出して、IS勢力の壊滅を目指して、武力攻撃を続けています。

  情報源により違いはありますが、この1か月余りで、IS側は300人、政府軍は
 30人、市民には30人ほどの犠牲者が出ました。
  また、避難民は30万人に上っていて、親族に身を寄せたり、避難所に入れない
 多くの住民が、猛暑の中、仮設テントなどで、厳しい生活を強いられています。

  当団体は、現地パートナー団体のムスリム医療組織PIHSからの要請を受けて、
 避難民支援の寄付呼びかけをさせていただくことにしました。
  PIHS救援チームは、7月8日に、コタバト市のNGOと合流して、マラウィ避難民に
 対する医薬品・食料の配布と、避難生活における健康管理セミナーを実施の
 予定です。

  当団体は現地PIHSへの支援金送金を、1回目7月5日、2回目7月20日頃を予定して
 います。ご協力いただける方は、「ビラーンの医療と自立を支える会」名義の
 下記の口座にお振込みをよろしくお願いします。

  ゆうちょ銀行からのお振込み
  口座番号:0120-5-72693
  加入者名:ビラーンの医療と自立を支える会

  他銀行からのお振込み
  店名(店番):〇二八(読み ゼロニハチ) 店番(028)
  預金種目  :普通預金
  口座番号  :7702359
  加入者名  :ビラーンの医療と自立を支える会

  また、当団体は、日比NGOネットワーク(JPN)を通じても、避難民支援を
 行う予定です。ご協力よろしくお願いします。

 詳細は、以下のJPNのサイトでご確認ください。
 JPNのホームページ   http://jphilnet.org/
 JPNの緊急支援のページ http://jphilnet.org/emergency/


 連絡先

  本部事務局:〒227−0033 神奈川県横浜市青葉区鴨志田町516−11
   TEL/FAX :045-500-9151
   E-mail   :hands-mindanao@nifty.com


       


  東日本大震災に関する支援金等受け入れ機関の紹介について

  この度の震災で被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

  当団体では3月11日の大震災発生に当たり、独自に募金活動をしたり、ボランティアの
 派遣をする代わりに、会員の皆様から問い合わせをいただいた場合には、下記の支援先を
 ご紹介してまいりました。

  緊急支援から復興支援の段階に移行した現在(2011年12月)も、各団体それぞれに意義ある
 活動を継続されていますが、当団体として、本お知らせ欄でのご紹介は一旦終了させて
 いただきます。ご協力ありがとうございました。

  寄附等、継続して支援される場合は、念のため各団体ホームページでご確認ください。

 ◆ 被災地に近く、早くから避難所などを訪ねて支援をしている
  < 東北広域震災NGOセンター >
  事務局:認定NPO 国際ボランティアセンター山形(IVY)
  http://www.ivyivy.org/news/ivynpo.html

 ◆ 外国人被災者への支援を行っている
  < カトリック東京国際センター >
  http://www.ctic.jp

 ◆ ボランティアを支援するボランティアの呼びかけをしている
  < ザ・ボランティア‘95 >
  1995年阪神淡路大震災をきっかけに生まれたボランティア団体です。
  現地で自ら働いた経験を活かし、今回の被災地を独自の方法で支援します。
  http://www.volunteer95.com


       
戻る